Category Archives: 日経225

差金決済取引であるCFDって何?

これから初めて投資をしていく方にとっては出来る限り情報の多い物に対して投資を行っていく事が、リスク回避をする事が出来る要因の一つだと思われます。
では、情報源の多い投資対象とはどのようなものがあるのでしょうか。
先ずは日経225や日経225miniです。
この日経225とは、資産運用を検討して投資する金融商品を探されている方であれば既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、東証1部上場している株の中から日本を代表すると言っても過言ではない企業株225銘柄を日本経済新聞社が選出し、独自の計算式によって平均株価を出しています。

実はこの日経225に対しても資産運用を行う事が出来、日経平均株価の1000倍が最小単位として投資を行う事が出来ます。
この日経225に対して、より低いハードルで投資を行う事が出来るのが日経225miniです。
この日経225miniは日経平均株価の100倍からの投資が可能なため、日経225と比べると少ない資金と、レバレッジをかける事で少額の資金から投資をスタートする事が出来ます。

これらは差金決済取引と言ってContracts for Difference=CFDと略されて言われる事が多いのですが、このCFDは様々な商品を対象として資産運用を行う事が出来ます。
例えば、FXもこのCFDのひとつで、FXは通貨売買を差金決済取引にて行うのに対して、CFDは通貨以外の物という大別がなされています。
もう少し詳しくCFDについて話を進めると、為替や株、原油、金、商品、債権、株価指数など様々なものが対象となっています。

先に話が出てきた日経225もこのCFDの一つで、株価指数に対して資産運用を行っていきます。
また、日本の株価指数である日経225以外に、外国の株価指数に対しても資産運用を行う事が可能です。
アメリカの場合にはNYダウ、ドイツではDAX®、イギリスの場合にはFTSE100などとなっており、各証券会社にてCFDの一つとして株価指数に対してレバレッジを掛けて資産運用を行っていきます。

これらの様にCFDの中でも株価指数に焦点を当てると、比較的株価指数の動向というのは毎日私たちが何気なく見ているニュースの中でも情報を入手する事が出来るため、扱いやすい金融商品と言えます。

Leave a Comment

Filed under 日経225

初心者にお勧めのCFD取引の参考にしたい指数について

Contract For Differenceの頭文字から取ったCFDとは 差金決済取引の事を言います。
差金決済取引とは、一般の株売買の場合は全額を現金にて売買を行いますが、CFDの場合はこの現金のやり取りを行わず、決済後に売買時に生じた差額のみのやり取りをすることを言います。
FXもこのCFDの中の一つで、外国為替取引を行うものを指しており、FXに金や株価指数、債権、原油、金、商品などを総まとめでCFDと呼んでいます。

このCFDには証券取引所にて行われる取引所CFDと、それ以外で行われる物を店頭CFDと言い、店頭の場合は基本的に証券取引所が営業を行っている時間での取引となり、店頭とはFX業者などを通して取引を行うため、基本的には24時間の取引が出来るようになっています。
そのため、ライフスタイルに合わせて店頭が取引所かを選ぶのも良いでしょう。

初心者の方の中にはCFDをとても難しく考えてしまってなかなか手が出ないという方も多くいらっしゃいますが、実は日経平均株価など馴染みのあるものも多くあり、それらは情報を入手しやすい事から初心者でも取引が行いやすい金融商品だと言われています。
特にCFDは相場が徐々に下がっている下降の流れをたどっている場合でも価格差を売買する事から投資とは異なっており、決して売りの時点で買いより価格が上がらなければ利益を手にする事が出来ないというわけではありません。

CFDを行う際にチェックをしておきたい指数がいくつかあるので、ここで少し触れておきたいと思います。
先ずは日本の株価や日経平均株価、ROPIXと比較的価格が反映しやすいアメリカのNYダウ、最近ではチャイナリスクと騒がれ大きく世界中の株価が変動した事でも知られている事から、中国の上海指数といった各主要株指数のチェック、そしてそれらの国の政策金利、雇用統計及び失業者数などです。
まだこれらのほかにもチェックしたい株価を左右する指数はいくつかありますが、初心者がCFD取引をするうえで、最低限チェックをしておいてほしい指数はこの様になっています。

Leave a Comment

Filed under 日経225

日経225を知る ~入門編~

今回は初心者の方でも分かりやすく日経225と日経225miniについて解説を行っていきたいと思います。

先ず、日経225とは東京証券取引所市場第一部上場を行っている日本を代表する企業225社の銘柄を対象とした株価指数の事を言います。
これが日本の株式市場を判断するもので、「ダウ式平均」という算出法によって株価平均が算出されます。
基本としては225銘柄の平均価格ですが、様々な要因を基に除去するものなどを取り除いてから数値の連続性を保持しているため、必ずしもぴったりとした平均価格とはなっていません。

日経225miniとは、日経平均株価指数の取引を行うことが出来る日経225先物取引を少ない自己資金で取引開始する事が出来る金融商品です。
取引は5万円から行うことが可能な事も有り、最近多くの方が注目している金融商品です。

この日経225先物取引ですが、日経225による株価指数を予め決めた満期日に売買する事を約束する取引をします。
日経225先物取引では日経平均株価の1000倍もの大きな額を取引するのに対して、日経225miniでは最低取引単位が100倍という小さな単位から取引をすることが出来るので、投資初心者向きでもあります。
100倍と聞くとまだピンとこない方もいらっしゃると思いますが、日経225先物では日経平均株価が14000円だと最低取引額は1400万円からになります。
それに比べて日経225miniでは、日経平均株価が14000円だと140万円から、日経平均株価が15000円だと150万円から取引を行うことが出来ます。

最近ではこの日経225先物取引や日経225miniのセミナーや勉強会などの投資関連セミナーは各証券会社やFX業者などで開催されており、中には無料講座なども多く開催されていますので、相場の読み取り方などもしっかり身に付けることが出来るチャンスでもありますので、投資を始めたばかりの方や、これから始めたい人にとって、基礎知識を身に付けるチャンスです。

先ずは投資を行うためには金融商品をどれにするかを選定する事と、口座を開設する事が先決だと思います。
そのためにも投資関連のセミナーなどには積極的に出席すると良いでしょう。

Leave a Comment

Filed under 日経225