Monthly Archives: 8月 2016

差金決済取引であるCFDって何?

これから初めて投資をしていく方にとっては出来る限り情報の多い物に対して投資を行っていく事が、リスク回避をする事が出来る要因の一つだと思われます。
では、情報源の多い投資対象とはどのようなものがあるのでしょうか。
先ずは日経225や日経225miniです。
この日経225とは、資産運用を検討して投資する金融商品を探されている方であれば既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、東証1部上場している株の中から日本を代表すると言っても過言ではない企業株225銘柄を日本経済新聞社が選出し、独自の計算式によって平均株価を出しています。

実はこの日経225に対しても資産運用を行う事が出来、日経平均株価の1000倍が最小単位として投資を行う事が出来ます。
この日経225に対して、より低いハードルで投資を行う事が出来るのが日経225miniです。
この日経225miniは日経平均株価の100倍からの投資が可能なため、日経225と比べると少ない資金と、レバレッジをかける事で少額の資金から投資をスタートする事が出来ます。

これらは差金決済取引と言ってContracts for Difference=CFDと略されて言われる事が多いのですが、このCFDは様々な商品を対象として資産運用を行う事が出来ます。
例えば、FXもこのCFDのひとつで、FXは通貨売買を差金決済取引にて行うのに対して、CFDは通貨以外の物という大別がなされています。
もう少し詳しくCFDについて話を進めると、為替や株、原油、金、商品、債権、株価指数など様々なものが対象となっています。

先に話が出てきた日経225もこのCFDの一つで、株価指数に対して資産運用を行っていきます。
また、日本の株価指数である日経225以外に、外国の株価指数に対しても資産運用を行う事が可能です。
アメリカの場合にはNYダウ、ドイツではDAX®、イギリスの場合にはFTSE100などとなっており、各証券会社にてCFDの一つとして株価指数に対してレバレッジを掛けて資産運用を行っていきます。

これらの様にCFDの中でも株価指数に焦点を当てると、比較的株価指数の動向というのは毎日私たちが何気なく見ているニュースの中でも情報を入手する事が出来るため、扱いやすい金融商品と言えます。

Leave a Comment

Filed under 日経225