Monthly Archives: 6月 2016

日経225先物取引の期日『現月』とは?

日経225とは日経平均株価を対象とした株価指数先物取引のことを言います。
では、先物取引ってどのようなものだと思われますか?
東京証券取引所の公式サイトで見てみると、先物取引とは『将来の予め定められた期日に、特定商品(原資産)を、現時点で取り決めた価格』で取引する事となっています。
もう少し分かりやすく言いますと、価格が変動する有価証券や商品、指数などを未来の価格を想定しながら、現時点で取引を行う事です。
現在の先物取引は我々投資家が期日を設定するのではなく、市場が期日を決めて期日までに差金決済をする事がスタンダードになってきていると言われています。
日経225の建玉が満期を迎える月(期日)の事を“現月”と言います。
建玉とは“たてぎょく”と呼び、未決済になっている契約総数の事を指します。

この先物取引では日経225の事を“ラージ”と呼び、日経225miniの事を“ミニ”と呼んでいます。
現月は日経225先物取引では取引できる期日が既に決められており、満期月をSQと呼び、3月、6月、9月12月。
日経225先物miniでは1月~12月までの年12回の現月があります。
取引対象の現月は日経225(ラージ)が5本、日経225miniも5本と定められており例えで挙げると日経225では先述したように設定され、12月が期近になって、3月の期先、6月限、9月限、12月限ということです。
日経225miniになると少しルールが変わり、10月限、11月限、12月限、1月限、“3月限”、miniの5本目の現月はラージの現月を2本入れるというルールに従って3月が現月に変わります。

日経225の取引最小単位は日経平均株価を1000倍した額が最少取引になり、為替取引では円
以下の“銭”の単位での値動きですが、日経225の場合の相場は10円刻みで変動をします。
取引を行うには証拠金=保証金(担保)を預け入れる必要がありますが、取引によっては証拠金を追加しなければいけない場合や証拠金を上回る損失が出る事も有るので、値動きに対して慎重にならなければいけません。

Leave a Comment

Filed under 225先物