投資対象となる株と債券の相違点とは

株を買うということは、その会社の出資者である「株主」の一人になることで、株主は実質的な会社のオーナーと表現されることもあります。会社の収益が増化し配当が増えると利益は株主に分配されます。この結果、株の価値が上昇して株価が上がります。そこで、買った時より高い価格で株式を売ることができれば、その差益を獲得することができます。

これを株式投資におけるキャピタルゲインと言います。また配当を受ける利益をインカムゲインと言い、株を持つことは、受益権としてこの2つの大きな権利を持つことになります。なお、株主になれば、株式総会に参加して会社の経営に関与できる共益権と呼ばれる権利も取得します。ただ、会社の業績が落ち、株価が下落する場合もありますし、会社が倒産して出資金が戻ってこないリスクもあります。

次に債権とは、まとまったお金が必要なときに、利息の支払いを前提にお金を借りますが、このときにお金を借りる側すなわち債務者が発行するのが「債権」です。会社活動等によって十分な返済能力がある場合は、銀行等の金融機関からの間接融資を受ける利息よりも低い利息でまとまったお金を調達することができます。債権の発行は、ある一定期間のお金の借用に使われ、一定期間利息を支払い、債権の期限の到来を持って元本(額面)をまとめて返済します。

多くの債券は、株と同様に市場で売られたり買われたりしているため、価額は常に変化しています。ただ債券は、利子が保証され、満期日に発行した会社が元本を含めて返済することが約束されているため、株より値動きは安定している場合が多いと言えます。

Leave a Comment

Filed under くりっく株365

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>