株価指数とTOPIXについて

株価全体を表す株価指数にTOPIX(トピックス)と呼ばれる数値があります。株式関連のニュースなどで一度は耳にしたことがあると思います。TOPIXと聞くと、何か難解な株式用語と思うかもしれませんが、実は簡単な株価を示す指数なのです。TOPIXは、相場全体の流れを読み取る指標で、この数値が上昇すると相場全体が上がっている状況、下落すると相場全体が下降していることを示す指標です。

これとは別に、日経平均株価は、東証1部上場の銘柄の中から225銘柄を選んでその株価を平均したものです。この225銘柄は、俗に値がさ株と呼ばれる平均株価大きな影響を与える銘柄が含まれています。これに対してTOPIXは、東証株価指数のアルファベットの頭文字を表記したもので、東証1部上場の全銘柄の時価総額の合計を全銘柄で割って算出した株価指標です。

時価総額は、会社の全株式を取得した時のいわば会社の価値・値段を表す金額で、株価×発行済み株式数の式で算出します。当然ながら、株価が上昇すると時価総額も上がり、株価全体の指数であるTOPIXの数値も大きくなります。なお、TOPIXは、1968年の4月1日を100とし、それを基準に現在の株価と比較して算出します。

Leave a Comment

Filed under くりっく株365

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>