CFD取引とテクニカル分析

株式相場を筆頭として、様々な相場の値動きを予測したいという気持ちは、投資家にとって果てない夢とも言えます。この課題に対して古くから、株式相場や商品相場の経験に基づいて様々ま分析が試みられ手法が多数考案されてきました。この点、FXやCFDでよく活用されているテクニカル分析の代表的な手法は、株価分析には欠かせない「移動平均線」、また、MACD,グランビルの法則,ダウ理論、フィボナッチの法則等があげられます。これらの分析手法は、それぞれにある理論を背景とする完成度の高いテクニカル分析の手法と言えますが、どの理論が優れてているとは一概に言うことはできず、当たり外れは多いものです。

相場を的確に予測できるテクニカル分析法が開発されれば、そのテクニカル分析手法を投資家すべてが利用することになりますし、第一、相場そのものの存在が危うくなります。ただ、CFD取引においても、当たり外れの多いテクニカル分析手法でも、様々なテクニカル分析の手法をある程度理解し、どのテクニカル分析の手法が自分に最も適合しているかを探ることも必要です。投資の世界でも一般の仕事でも、自分自身で検証し、実感をつかむことが何よりも重要ことなのです。

Leave a Comment

Filed under くりっく株365

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>