差金決済取引であるCFDって何?

これから初めて投資をしていく方にとっては出来る限り情報の多い物に対して投資を行っていく事が、リスク回避をする事が出来る要因の一つだと思われます。
では、情報源の多い投資対象とはどのようなものがあるのでしょうか。
先ずは日経225や日経225miniです。
この日経225とは、資産運用を検討して投資する金融商品を探されている方であれば既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、東証1部上場している株の中から日本を代表すると言っても過言ではない企業株225銘柄を日本経済新聞社が選出し、独自の計算式によって平均株価を出しています。

実はこの日経225に対しても資産運用を行う事が出来、日経平均株価の1000倍が最小単位として投資を行う事が出来ます。
この日経225に対して、より低いハードルで投資を行う事が出来るのが日経225miniです。
この日経225miniは日経平均株価の100倍からの投資が可能なため、日経225と比べると少ない資金と、レバレッジをかける事で少額の資金から投資をスタートする事が出来ます。

これらは差金決済取引と言ってContracts for Difference=CFDと略されて言われる事が多いのですが、このCFDは様々な商品を対象として資産運用を行う事が出来ます。
例えば、FXもこのCFDのひとつで、FXは通貨売買を差金決済取引にて行うのに対して、CFDは通貨以外の物という大別がなされています。
もう少し詳しくCFDについて話を進めると、為替や株、原油、金、商品、債権、株価指数など様々なものが対象となっています。

先に話が出てきた日経225もこのCFDの一つで、株価指数に対して資産運用を行っていきます。
また、日本の株価指数である日経225以外に、外国の株価指数に対しても資産運用を行う事が可能です。
アメリカの場合にはNYダウ、ドイツではDAX®、イギリスの場合にはFTSE100などとなっており、各証券会社にてCFDの一つとして株価指数に対してレバレッジを掛けて資産運用を行っていきます。

これらの様にCFDの中でも株価指数に焦点を当てると、比較的株価指数の動向というのは毎日私たちが何気なく見ているニュースの中でも情報を入手する事が出来るため、扱いやすい金融商品と言えます。

Leave a Comment

Filed under 日経225

初心者にお勧めのCFD取引の参考にしたい指数について

Contract For Differenceの頭文字から取ったCFDとは 差金決済取引の事を言います。
差金決済取引とは、一般の株売買の場合は全額を現金にて売買を行いますが、CFDの場合はこの現金のやり取りを行わず、決済後に売買時に生じた差額のみのやり取りをすることを言います。
FXもこのCFDの中の一つで、外国為替取引を行うものを指しており、FXに金や株価指数、債権、原油、金、商品などを総まとめでCFDと呼んでいます。

このCFDには証券取引所にて行われる取引所CFDと、それ以外で行われる物を店頭CFDと言い、店頭の場合は基本的に証券取引所が営業を行っている時間での取引となり、店頭とはFX業者などを通して取引を行うため、基本的には24時間の取引が出来るようになっています。
そのため、ライフスタイルに合わせて店頭が取引所かを選ぶのも良いでしょう。

初心者の方の中にはCFDをとても難しく考えてしまってなかなか手が出ないという方も多くいらっしゃいますが、実は日経平均株価など馴染みのあるものも多くあり、それらは情報を入手しやすい事から初心者でも取引が行いやすい金融商品だと言われています。
特にCFDは相場が徐々に下がっている下降の流れをたどっている場合でも価格差を売買する事から投資とは異なっており、決して売りの時点で買いより価格が上がらなければ利益を手にする事が出来ないというわけではありません。

CFDを行う際にチェックをしておきたい指数がいくつかあるので、ここで少し触れておきたいと思います。
先ずは日本の株価や日経平均株価、ROPIXと比較的価格が反映しやすいアメリカのNYダウ、最近ではチャイナリスクと騒がれ大きく世界中の株価が変動した事でも知られている事から、中国の上海指数といった各主要株指数のチェック、そしてそれらの国の政策金利、雇用統計及び失業者数などです。
まだこれらのほかにもチェックしたい株価を左右する指数はいくつかありますが、初心者がCFD取引をするうえで、最低限チェックをしておいてほしい指数はこの様になっています。

Leave a Comment

Filed under 日経225

日経225先物取引の期日『現月』とは?

日経225とは日経平均株価を対象とした株価指数先物取引のことを言います。
では、先物取引ってどのようなものだと思われますか?
東京証券取引所の公式サイトで見てみると、先物取引とは『将来の予め定められた期日に、特定商品(原資産)を、現時点で取り決めた価格』で取引する事となっています。
もう少し分かりやすく言いますと、価格が変動する有価証券や商品、指数などを未来の価格を想定しながら、現時点で取引を行う事です。
現在の先物取引は我々投資家が期日を設定するのではなく、市場が期日を決めて期日までに差金決済をする事がスタンダードになってきていると言われています。
日経225の建玉が満期を迎える月(期日)の事を“現月”と言います。
建玉とは“たてぎょく”と呼び、未決済になっている契約総数の事を指します。

この先物取引では日経225の事を“ラージ”と呼び、日経225miniの事を“ミニ”と呼んでいます。
現月は日経225先物取引では取引できる期日が既に決められており、満期月をSQと呼び、3月、6月、9月12月。
日経225先物miniでは1月~12月までの年12回の現月があります。
取引対象の現月は日経225(ラージ)が5本、日経225miniも5本と定められており例えで挙げると日経225では先述したように設定され、12月が期近になって、3月の期先、6月限、9月限、12月限ということです。
日経225miniになると少しルールが変わり、10月限、11月限、12月限、1月限、“3月限”、miniの5本目の現月はラージの現月を2本入れるというルールに従って3月が現月に変わります。

日経225の取引最小単位は日経平均株価を1000倍した額が最少取引になり、為替取引では円
以下の“銭”の単位での値動きですが、日経225の場合の相場は10円刻みで変動をします。
取引を行うには証拠金=保証金(担保)を預け入れる必要がありますが、取引によっては証拠金を追加しなければいけない場合や証拠金を上回る損失が出る事も有るので、値動きに対して慎重にならなければいけません。

Leave a Comment

Filed under 225先物

日経225を知る ~入門編~

今回は初心者の方でも分かりやすく日経225と日経225miniについて解説を行っていきたいと思います。

先ず、日経225とは東京証券取引所市場第一部上場を行っている日本を代表する企業225社の銘柄を対象とした株価指数の事を言います。
これが日本の株式市場を判断するもので、「ダウ式平均」という算出法によって株価平均が算出されます。
基本としては225銘柄の平均価格ですが、様々な要因を基に除去するものなどを取り除いてから数値の連続性を保持しているため、必ずしもぴったりとした平均価格とはなっていません。

日経225miniとは、日経平均株価指数の取引を行うことが出来る日経225先物取引を少ない自己資金で取引開始する事が出来る金融商品です。
取引は5万円から行うことが可能な事も有り、最近多くの方が注目している金融商品です。

この日経225先物取引ですが、日経225による株価指数を予め決めた満期日に売買する事を約束する取引をします。
日経225先物取引では日経平均株価の1000倍もの大きな額を取引するのに対して、日経225miniでは最低取引単位が100倍という小さな単位から取引をすることが出来るので、投資初心者向きでもあります。
100倍と聞くとまだピンとこない方もいらっしゃると思いますが、日経225先物では日経平均株価が14000円だと最低取引額は1400万円からになります。
それに比べて日経225miniでは、日経平均株価が14000円だと140万円から、日経平均株価が15000円だと150万円から取引を行うことが出来ます。

最近ではこの日経225先物取引や日経225miniのセミナーや勉強会などの投資関連セミナーは各証券会社やFX業者などで開催されており、中には無料講座なども多く開催されていますので、相場の読み取り方などもしっかり身に付けることが出来るチャンスでもありますので、投資を始めたばかりの方や、これから始めたい人にとって、基礎知識を身に付けるチャンスです。

先ずは投資を行うためには金融商品をどれにするかを選定する事と、口座を開設する事が先決だと思います。
そのためにも投資関連のセミナーなどには積極的に出席すると良いでしょう。

Leave a Comment

Filed under 日経225

日経225先物と限月について

日経225先物とは、日経平均株価の動きが、これからどうなるのかを予想して取引を行うという、極めて単純明快な仕組みから出来ています。
こちらをチェック!
もちろん、価格上昇が期待される局面だけではなく、下落が予想される局面から、取引をスタートさせることができるのも魅力です。

あまり流動性が高くない個別の銘柄では、売りたいときに売れない、買いたいときに買えない、という事態になりがちですが、日経平均株価こそ、流動性の最たるものであり、取引のチャンスは、毎時、毎分にあると言っても過言ではありません。より少ない証拠金で取引をスタートさせることが出来る、日経225ミニは、特に個人投資家に人気です。ただ、日経225先物取引には、取引時間が決まっているという限定があります。取引の期限が、満期(満了)になってしまう月があると言うことです。この満期月を限月(げんげつ)と言っています。商品は、この限月ごとに、区切られて市場に出回っています。

一般的には、3の倍数月であり、なおかつ、最終取引日が最も近い限月(期近)に出来高が最も多くなるようです。この出来高が多くなる時期を狙って、取引を行うと言うのも、ひとつのリスクヘッジになっていくかもしれません。

Leave a Comment

Filed under くりっく株365

投資対象となる株と債券の相違点とは

株を買うということは、その会社の出資者である「株主」の一人になることで、株主は実質的な会社のオーナーと表現されることもあります。会社の収益が増化し配当が増えると利益は株主に分配されます。この結果、株の価値が上昇して株価が上がります。そこで、買った時より高い価格で株式を売ることができれば、その差益を獲得することができます。

これを株式投資におけるキャピタルゲインと言います。また配当を受ける利益をインカムゲインと言い、株を持つことは、受益権としてこの2つの大きな権利を持つことになります。なお、株主になれば、株式総会に参加して会社の経営に関与できる共益権と呼ばれる権利も取得します。ただ、会社の業績が落ち、株価が下落する場合もありますし、会社が倒産して出資金が戻ってこないリスクもあります。

次に債権とは、まとまったお金が必要なときに、利息の支払いを前提にお金を借りますが、このときにお金を借りる側すなわち債務者が発行するのが「債権」です。会社活動等によって十分な返済能力がある場合は、銀行等の金融機関からの間接融資を受ける利息よりも低い利息でまとまったお金を調達することができます。債権の発行は、ある一定期間のお金の借用に使われ、一定期間利息を支払い、債権の期限の到来を持って元本(額面)をまとめて返済します。

多くの債券は、株と同様に市場で売られたり買われたりしているため、価額は常に変化しています。ただ債券は、利子が保証され、満期日に発行した会社が元本を含めて返済することが約束されているため、株より値動きは安定している場合が多いと言えます。

Leave a Comment

Filed under くりっく株365

株価指数とTOPIXについて

株価全体を表す株価指数にTOPIX(トピックス)と呼ばれる数値があります。株式関連のニュースなどで一度は耳にしたことがあると思います。TOPIXと聞くと、何か難解な株式用語と思うかもしれませんが、実は簡単な株価を示す指数なのです。TOPIXは、相場全体の流れを読み取る指標で、この数値が上昇すると相場全体が上がっている状況、下落すると相場全体が下降していることを示す指標です。

これとは別に、日経平均株価は、東証1部上場の銘柄の中から225銘柄を選んでその株価を平均したものです。この225銘柄は、俗に値がさ株と呼ばれる平均株価大きな影響を与える銘柄が含まれています。これに対してTOPIXは、東証株価指数のアルファベットの頭文字を表記したもので、東証1部上場の全銘柄の時価総額の合計を全銘柄で割って算出した株価指標です。

時価総額は、会社の全株式を取得した時のいわば会社の価値・値段を表す金額で、株価×発行済み株式数の式で算出します。当然ながら、株価が上昇すると時価総額も上がり、株価全体の指数であるTOPIXの数値も大きくなります。なお、TOPIXは、1968年の4月1日を100とし、それを基準に現在の株価と比較して算出します。

Leave a Comment

Filed under くりっく株365

CFD取引とテクニカル分析

株式相場を筆頭として、様々な相場の値動きを予測したいという気持ちは、投資家にとって果てない夢とも言えます。この課題に対して古くから、株式相場や商品相場の経験に基づいて様々ま分析が試みられ手法が多数考案されてきました。この点、FXやCFDでよく活用されているテクニカル分析の代表的な手法は、株価分析には欠かせない「移動平均線」、また、MACD,グランビルの法則,ダウ理論、フィボナッチの法則等があげられます。これらの分析手法は、それぞれにある理論を背景とする完成度の高いテクニカル分析の手法と言えますが、どの理論が優れてているとは一概に言うことはできず、当たり外れは多いものです。

相場を的確に予測できるテクニカル分析法が開発されれば、そのテクニカル分析手法を投資家すべてが利用することになりますし、第一、相場そのものの存在が危うくなります。ただ、CFD取引においても、当たり外れの多いテクニカル分析手法でも、様々なテクニカル分析の手法をある程度理解し、どのテクニカル分析の手法が自分に最も適合しているかを探ることも必要です。投資の世界でも一般の仕事でも、自分自身で検証し、実感をつかむことが何よりも重要ことなのです。

Leave a Comment

Filed under くりっく株365

日経平均は、日経225銘柄の平均でチャートの動きに注目

日経平均とは、証券市場に上場されているすべての銘柄の株価の平均ではありません。約1700銘柄が上場されている東証一部上場企業のなかから、225の銘柄(日経225) を選びだし、アメリカのダウジョーンズ社が開発した「ダウ式平均法」を用いて算出した平均株価です。

この点では、日経平均も様々な株価指数の一つと言ってよく、株式市場の大きなトレンドを示す指標と言えます。この平均株価の算出方法は、今から60年も前に東京証券取引所が採用したもので、株式上場銘柄すべての平均株価の指数であるTOPIXと並んで、日本の株式市場でもっとも重要な株式指標で、日本の株式市場の状態や景気の現状を計るうえで重要な指標です。

なぜ、225銘柄(日経225)に絞って日経平均株価を算出することになったかの理由については諸説ありますが、もっとも説得力のある説は、全銘柄から全体の株式の値動きを偏りなく表すために、各業種等をバランスよく選定したと説が有力です。この株価変動をグラフ化したものが、5日移動平均線や25日引移動平均線、75日移動平均線に代表されるいわゆる「チャート」と呼ばれる株式価格の変動グラフです。投資家は、このチャートを分析して株式投資における買いと売りの時期を見計らっています。チャート分析は、株式投資におけるテクニカル分析と呼ばれ、株式投資を行う者の基礎的な知識として機能しています。

Leave a Comment

Filed under くりっく株365